ラウド日本人デビューメンバー決定!プロフィールと魅力を紹介!

LOUD エンタメ

『Nizi Project』で話題を呼んだ「JYPエンターテインメント」代表のJ.Y. Parkと、「江南スタイル」が世界的にヒットしたアーティストで「P NATION」代表のPSYが争奪戦を繰り広げた、韓国の次世代ボーイズグループ発掘オーディションLOUD(ラウド)が9月11日に最終回を迎え、総勢12人のデビュー
メンバーのうち、3人の日本人がデビューを射止めました。

サバイバル番組ファンの間でも「今まで見たオーディションの中で一番レベル高い」と大きな反響を呼んだこのオーディションで勝ち残った3人とはどんなメンバーなのか、気になりますよね!

今回は、LOUDでデビューを決めた3人のプロフィールとそれぞれの魅力について調べてみました!

スポンサーリンク

LOUDデビューメンバーのプロフィール

引用元:ORICON NEWS公式サイト

LOUDでデビューを決めた日本人メンバーは、アマル、ケイジュ、コウキの3人です。

韓国の番組ながら、人気も話題性も高かったという3人のプロフィールを見ていきましょう!

LOUDデビューメンバー①アマル

引用元:sbs_loud.official

本名:ミツユキ・アマル
生年月日:2005年10月21日
血液型:O型
才能:ラップ、歌、皿回し、サッカー、陸上競技
出身:日本(埼玉県)

日本で介護の仕事をする、祖母と母を助けるためにオーディションに参加したというアマル。

幼い頃から母親の影響でK-POPアイドルになることが夢でした。

ファンだった2PMも所属するJYP Entertainmentのオーディションに合格し、韓国にわたって練習生となり、韓国語も得意なようです。

LOUDデビューメンバー②ケイジュ

引用元:sbs_loud.official

本名:岡本佳樹
生年月日:2006年10月04日
血液型:A型
才能:ダンス、料理
出身:日本(東京都)

小さな頃からK-POPダンスをしていて、2019年には、K-POPカバーダンスで競う韓国の番組「STAGE K」に日本人代表として出演していた実力の持ち主。

その後、LOUDに挑戦するために、本格的に韓国へ渡ってダンスに磨きをかけていったようです。

LOUDデビューメンバー②コウキ

引用元:sbs_loud.official

本名:田中煌己
生年月日:2009年01月29日
才能:クランプ
出身:日本

今回デビューが決まったメンバーの中で最年少のコウキ。

4歳からダンスを始め、6歳でクランプダンスと出会い、これまでに数々の賞を受賞している実力者です。

過去にはDA PUMPの「Dream on the street」のMVにバックダンサーとして出演した経歴もあるそうです!

スポンサーリンク

 

LOUDデビューメンバーの魅力

引用元:ORICON NEWS公式サイト

10代ながら、プロ顔負けのクオリティの高いパフォーマンスを見せた3人の魅力はどこにあるのでしょうか?

それぞれ異なる個性を持つ3人の魅力をご紹介します!

アマルの魅力

引用元:ORICON NEWS公式サイト

アマルの魅力は何といっても「歌唱力」です!

ややハスキーで甘い歌声を持つアマルは、LOUD第1ラウンドで歌を披露すると、J.Y. Parkからは「うますぎて心配だ」と言われるほどだったそう。

歌・ダンス・ラップとなんでもこなすアマルは、自分らしさが出せていないことを指摘され続けましたが、スランプを経て、自分のスタイルを見せるという壁を乗り越え、デビューへの道を勝ち取りました。

ケイジュの魅力

引用元:ORICON NEWS公式サイト

ケイジュの魅力は「天性のアイドル性」と言われています!

J.Y. Park からも、「スター性があって、多才」と評価されていました。

ツイッターなどで「かわいい」とのコメントが多く集まっているケイジュですが、ステージ上では美しいダンスを見せ、観客を魅了する姿は、まさに生まれもったアイドル!?

コウキの魅力

引用元:ORICON NEWS公式サイト

デビューメンバー最年少のコウキの魅力は、12歳とは思えないほどの「ダンスの上手さ」

そして、初めてという歌と韓国語のレッスンにも物怖じせずに挑戦し、歌唱力も評価されるようになったというので、今後どこまで伸びていくのか楽しみです!

PSYからは、「小さな巨人」と評されていました。

まとめ

10代という若さで、異国の地で夢を掴もうと努力する姿に勇気をもらった方も多いのではないでしょうか。

彼らにとっては、デビュー決定のこれからがスタートとなるので、今後の活躍にも目が離せません!



スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました